記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷勇希 家系ラーメンへの愛

麺類が大好きで、一週間に何度も麺料理を食べている長谷勇希です。

麺料理はそばやうどんといったものがありますが、何と言ってもラーメンが一番美味しいものです。
これは人それぞれ好みがあると思いますが、店ごとに違いをはっきりと感じることができて一杯で満足をすることができるとなるとラーメンが一番ではないかなと言う気がします。
ラーメンと言っても様々なものがあって、昔ながらのあっさり醤油であったりこってりとした味噌、さっぱりと女性でもうれしい塩に濃厚なとんこつなど色々ありますが、その中でも最近はやっている家系が好きです。

家系は醤油ベースのとんこつで麺が太めで、食べごたえがあるところが気に入っています。
好みが分かれるところがあるものだと思うので、誰にでも勧められるというものではないのですがガッツリ食べたい男性からするとうれしいものだったりするのではないでしょうか。
基本となる部分はどこの家系であっても変わらないのですが、それ以外の部分ではしっかり店ごとの差別化がはかられていますから店を選ぶ楽しさというのが感じられます。

ラーメン屋と言うのは基本的にどこも特色があって店に入るのが楽しいものですが、特に家系となると濃厚なものを食べることができますのでその違いもはっきりして、一般的な店よりも違いを楽しむことができるのが大きな魅力ではないかと感じるのです。
味も濃厚ですから濃い味付けが好きな荒谷竜太からすればたまらないものであり、スープをすべて飲み干してしまうことも少なくありません。
食べる頻度が多いので毎回毎回スープを飲み干していては体によくありませんから、できるだけセーブをして飲み干さないようにしているのですがついついレンゲを持つ手が止まらなくなってしまって、気づいたときには丼が空になっていたなんてことは珍しくありません。
味の濃さだけでなく脂の濃さも嬉しいところで、こってりとしたものを食べたいというときには最高です。
脂が濃くはあるのですが、焼肉や揚げ物と違って嫌なむかつきがないというのもラーメンの優れたポイントかなと言うところで、食べ終わった後に気持ち悪くなることがないというのは良いポイントですね。
ライスとの相性も抜群ですからお腹が空いているときにはガッツリ満腹になるまで食べることができるので、食べたという気持ちになることができるのも家系の大きな魅力に感じています。
もちろん、普通の店も悪くないのですが一度家系のラーメンにハマってしまうと、それ以外の店はなんだか物足りなさを感じてしまうことがあります。
どちらが良いかということはないのですが、濃厚さと食べたという気持ちになることができることから総合的な満足感は非常に高いように思っています。
このようなことを考えているとつい最近食べたばかりなのにまた食べたくなってしまうという中毒性があって、つくづくやめられないなと感じます。
何度ラーメンを食べても飽きることがない、長谷勇希でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

長谷勇希

Author:長谷勇希
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。